好奇心のはけ口

KindleUnlimitedのタイトルの中からおすすめを紹介するブログ

マイナーだけど面白い漫画!『ハーン -草と鉄と羊-』

 

 

こんにちは。さとるです。

 

今日はマイナーだけど面白い漫画、というくくりで、

本日読んだこちらを紹介します。

 

 『ハーン -草と鉄と羊-』

という漫画です。

 

「マイナーじゃねえぞ!!」というファンの方がいたらすみません!

 

 

 

 

マイナーだけど面白い漫画!『ハーン -草と鉄と羊-』

 

この漫画は全11巻で既に完結しています。

実は僕はまだ3巻までしか見ておらず・・・

 

というのもAmazonのKindleストアで1巻~3巻までが無料で読めるんですよね!

 

ハーン ‐草と鉄と羊‐(1) (モーニングコミックス)

ハーン ‐草と鉄と羊‐(1) (モーニングコミックス)

  • 作者:瀬下猛
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: Kindle版
 
ハーン ‐草と鉄と羊‐(2) (モーニングコミックス)

ハーン ‐草と鉄と羊‐(2) (モーニングコミックス)

  • 作者:瀬下猛
  • 発売日: 2018/06/22
  • メディア: Kindle版
 
ハーン ‐草と鉄と羊‐(3) (モーニングコミックス)

ハーン ‐草と鉄と羊‐(3) (モーニングコミックス)

  • 作者:瀬下猛
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: Kindle版
 

 

 

 

そんなにわかですが、この作品で取り上げているテーマといい面白さといいめっちゃ面白かったので、紹介します!

 

 

マイナー漫画「ハーン」のあらすじは源頼経=チンギスハン!?

 

チンギス=ハンって皆さん知っていますか?

昔学校で習ったと思います。

マイナーだけど面白い漫画「ハーン

 

彼です。

モンゴル帝国の初代トップですね。

(って実は僕もさほど詳しくない)

 

ちなみに日本で有名な「元寇」。(モンゴル帝国が日本に攻めてきた事件簿)

この時に戦力的には到底モンゴル軍に及ばなかった日本が2度にわたる戦いに勝利できたのは、「神風」が起きたからと言い伝えられているんですよね。

(このあたり、特にネットで調べず、記憶のまま書いております)

引用:http://galapagosjapan.blog.fc2.com/blog-entry-2823.html

 

本来勝てる戦力差なのに、2回とも台風のせいで負けちゃうってどんだけ運がないんだよモンゴルは・・・って話です。

 

で、、

話を戻しますとこの度のマイナーだけど面白い漫画に抜擢されたこの「ハーン」ですが、かの有名な源頼経=チンギスハンという説をテーマに漫画に描かれています!

 

源頼朝って誰よ?

はい、牛若丸です!!

弁慶とセットのあれですよ!!!

 

もちろんしっかり実在の人物なのですが、以前テレビでも

源義経(牛若丸)とモンゴルのチンギスハンは同一人物だった!!

てのを放送していたんですね。(相当前ですが。)

 

でもこのテレビを見た僕は非常に興奮して「マジか、スゲー」

みたいになっていたので、その設定を汲んでいるこの作品は一気にハマりましたね。

 

一応史実だと源義経って40歳手前くらいに病死とかかな?で死んだとされてるんですよね。

それが実は人知れずモンゴルに渡り一大勢力を作っていた!

みたいな。

結構こういう話、好きなんですよね(笑)

ちゃんと証拠と思われるものも幾つもテレビで紹介されていて・・・。

例えばこんなのがあります。

・義経とチンギスハンの紋章が同じ笹竜胆
・チンギスハンはニロン族の出身で、これは「日本」が訛ったもの
・義経が死んだとされるのが1189年。半生が不明のチンギスハンが歴史上に登場するのは1206年なので、矛盾が無い
・チンギスハンは義経が使ったような軍事作戦を採っている

引用:https://xn--u9j228h2jmngbv0k.com/2017/12/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E7%B5%8C-2/

 

とかね。

テレビでも紋章(戦の時に旗につける家紋みたいなやつ)が義経とチンギスハンとで柄が一緒だとかやっていました。

 

ちなみに、この源義経とチンギスハンが同一人物って説、

いつくらいから出てきたかご存じです?

 

 

 

幕末からなんですって・・・!

 

 

めっちゃすごいですよね!

 

江戸時代の人も

「マジか、すげー!!」

みたいになっていたんですかね(笑)

 

これ似てんのかな(笑)

と改めて見たら、歳重ねたら似てなくもないな、、、

とも思ったりして想いを馳せます。

 

 

ハーンは結局面白いのか!?

 

良かったです!!

もう漫画より源義経=チンギスハンの話がメインになっちゃいましたが、

漫画も面白かったです!!

 

僕は3巻までしか読んでいないけど、Amazonの評価を見ると、最終巻の11巻までしっかり高評価なので、こりゃ期待できるな、と。

 

だけど11巻のレビューを読んでみたら、最終巻はどうやら打ち切りだったようで

一気に風呂敷をまとめるような内容だったらしく、レビューをしていた方たちは非常に残念がっていましたね。

 

それだけこの作品が愛されていたのかな、とも思えてますます読みたくなりました。

 

 

ちなみにモンゴルが日本に攻めてきた元寇は時代がちと違うので、チンギスハンじゃなくてフビライハンの頃ですね。(チンギスの孫だったかな?)

 

ちなみにこの漫画はその「元寇」をテーマにした内容なので、気になる方は是非。

(対馬が結構蹂躙されてて読んでて辛くもあるが)

 1部は対馬編で、今は2部が始まり博多編ですね。

 

ハーンについては3巻まで無料だから是非読んでくださいねー!

 

※マイナーだけど面白い漫画の紹介をまとめてこちらで書いています!

 

では!!