好奇心のはけ口

KindleUnlimitedのタイトルの中からおすすめを紹介するブログ

『北北西に曇と往け』ネタバレ注意!4巻レビュー

絵だけでファンを感動させてくれるマンガ。

「北北西に曇と往け」

待望の4巻が発売されたのでレビューしていきます!

 

 今僕の中でかなり盛り上がっているマンガです!

 

 

 

 

1.『北北西に曇と往け』とは?

入江亜季さんというマンガ家の作品です。

『北北西に曇と往け』の前は『乱と灰色の世界』という作品を連載していました。

 

 ↓↓↓このマンガ

乱と灰色の世界 6巻 (HARTA COMIX)

乱と灰色の世界 6巻 (HARTA COMIX)

  • 作者:入江 亜季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: Kindle版
 

 とにかくこの作者が描く絵はメチャクチャ上手い!!

読んでいるだけでも作品の世界観に没頭できる。

かといってストーリーは?というとそれもしっかり面白いときています!

特にキャラクターがどの作品もいいと思います!

今回の北北西に曇と往けは舞台はアイスランド。

(また入江先生が描くアイスランドが非常に魅力的で行きたくなること請け合いです!)

旅、ときどき探偵。

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。

あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、
またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、
胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!

 というのが1巻のあらすじです。

 

2.登場人物

 

【主人公:慧(ケイ)】

17歳

アイスランドに祖父と同居している。

学校には行っておらず、一人で探偵業(犬探しなど含め)をやっており、生活費を稼いでいる。

肉が大好きで稼ぎがあればすぐ肉代に消えていく・・・。

物の声を聴くことができる。

誰がいたか、いつまでいたのか、ということを物から聞くことができる。

愛車の発する不満の声に主人公が文句をいうところも。

この能力を探偵業に役立てているが、その能力があることは親友以外は知らない。

f:id:j-satoru:20200125121814p:plain

出典:「北北西に曇と往け」1巻より

 

【リリヤ】

 色々と縁がある同い年の女の子。

祖父の恋人の姪である。

音楽家。クール。

f:id:j-satoru:20200125122801p:plain

出典:「北北西に曇と往け」4巻より

 

【三知高(ミチタカ)】

慧の弟。慧とは違い、日本の叔父と叔母の元で暮らしていたが・・・。

兄のことが大好きで温厚で無邪気な性格だが、冷徹な面も持ち合わせる。

慧と同様普通の人にはない特別な能力がある。

三知高の周りで次々と人が不審死しており、警察も探り始めている。

f:id:j-satoru:20200125124247p:plain

出典:「北北西に曇と往け」1巻より

 

【ジャック】

慧と三知高の実の祖父。

いい年のはずだが、プレイボーイである。

てゆーかメチャクチャかっこいいおっさんである。

f:id:j-satoru:20200126002306p:plain

出典:「北北西に曇と往け」1巻より


3.4巻のあらすじ※ネタバレありです。

北欧アイスランドを駆け巡る、探偵・御山慧(みやま・けい)のジュヴナイル・ミステリ第4巻!
アイスランドに暮らす17歳の音楽家、リリヤには悩みごとがあった。それは、日本からやってきた同い年の探偵・御山慧が何度もちょっかいをかけてくること……。
仕返しを試みるリリヤは、慧にギャフンと言わせることが出来るのか!? 一冊まるごとヒロインのリリヤに焦点を当てます!

という感じで、4巻はリリヤが関連するエピソードが多かったです。

1巻~3巻まではミステリアスなイメージのリリヤ。

4巻では慧に対して色々な感情、表情を見せてくれます。

途中主軸のエピソードである、三知高についての話もあります。

1つは1巻で慧をぼこぼこにした刑事。その後日本に戻ってからも、三知高の殺人の証拠を見つけるべく、関係者に聞き込みをします。

中学の保健室の先生、高校の同級生、コンビニの店員(慧も日本で会った)

学校関係者からは三知高の異様な様子をとまどいながらも刑事に話す。

母親の弁当を食べずに毎日捨てる様子。(兄の料理なら食べれるのに、、、と泣く三知高。慧への執着が異常です。理由があるのか・・・?)

絡んできた同級生の死。

また、学校で起こす問題行動を母親に伝えると言った担任の不審死。

・・・そして母親の突然の死・・・。

 

刑事は全て三知高がやったと確信している。

コンビニの店員の女の子にもとても執着していたよう。

3巻では優しくしてくれた女性に粘着して相手が嫌になって離れようとすると「能力」で殺害する。

このコンビニの店員もそのコースにいたと思う。

刑事が店員の女の子に言った「君は無事でよかった。本当によかった。」がズシッときました。

そしてもう1つ上にも少し書いたが、アイスランドで優しくしてくれて粘着した三知高から逃げ出したフレイヤ。

慧はシグルーンを連れて能力を使い見つけ出す。

シグルーンとの再会を喜ぶも、三知高が追ってくることをとにかく恐れている。

慧にばれたのだからと更に人がいないところへ逃げる、と宣言する。

フレイヤは慧に三知高の異常性を伝える。

慧はそんな馬鹿なことはありえない、というが、1巻で刑事が三知高を殺人犯と言っていたことから、ちゃんと三知高に会って事の詳細を聞きたいと思う。

アイスランドの三知高を預けている知人の家に行く慧だったが、、、

到着した慧を待っていたのは荷物も置いたまま三知高が失踪してしまったという事実だった・・・。

 

これが4巻です。

リリヤ回で色んなリリヤの性格が見れて楽しかったし反面三知高の話しのミステリー色がすごかった・・・。

 

4.北北西に曇と往け4巻※ネタバレありです!

1巻~3巻の面白さが全く落ちることなくメチャクチャ面白かったです。

正直言っておススメです。

まだ4巻しか出ていないので、集めやすいし、買って損はない。

早く5巻を読みたい。それだけです。

今読んでいる中でベスト3に入る面白さです!

是非読んでみてください!

 

北北西に曇と往け 1巻 (HARTA COMIX)

北北西に曇と往け 1巻 (HARTA COMIX)

  • 作者:入江 亜季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: Kindle版
 

 ※あと以前にもこの漫画の記事を書いたのでよかったら読んでみてください。

 

 

j-satoru.hatenablog.com

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村