好奇心のはけ口

KindleUnlimitedのタイトルの中からおすすめを紹介するブログ

嫌なら自分を変えてみればいい

 

 

人は自分の性格が嫌だ。となる。

一概に性格が嫌だといっても、表現の仕方により捉え方は異なるんだよ。

 

 

                例えば、

 

ある外側の現実の現象に対して、とある感情(イライラ、強い怒り、悲しみ、さみしさや孤独)を感じてしまう。

これも「そう感じてしまうこと自体へのダメ出し」「そう感じている胸の重たい感じという体の不快感の状態が嫌だ」とでまたとらえ方が違う。

 

まあ基本的に「性格が嫌だ」となれば割合はあれど両方が含まれている。

 

これに対して、どうなったらいいのか。

 

外側の現実に対して、怒りやさみしさなどの感情を抱かないで凪状態でやり過ごせればいいのか?(理想的!)

そう感じた現実に対して、対処法を見つけ同じことが起きても同様の感じ方にならなければいいのか?

 

まあどちらもそうだろう。

 

気になら無くなればそれでいいし、(子供の時には気になっていたことが今では気にもならないとかそういう感じ)

あとは、同じことが起きないように、勉強、準備、気遣いなりを気を付けようとしてその通りになればこれまたよし。

 

まず、

 

前者は無理!!

 

「気にならなくなる自分になろう!」

って思っても絶対無理だしね。

我慢しているだけだし。

 

             「そう思わなくなる自分」

          「そう感じなくなる自分」

 

 

         求めるだけ時間の無駄!

※尚結果としてそういう風になったはいいけど。

 

 

後者はまあ効果的というか現実的かな。

実際に人間関係や仕事でもキツイ出来事があったら同じ轍を踏まないように、対策を練るわけだしね。

 

でも

私は

最近疲れてきました。これに。

 

長く生きていると、疲れてくるんですよね。

いわゆる「成長」という言葉。

延々と「成長」なんてものを理由に頑張るのって疲れる。

というかつまらないし飽きてくる。このサイクル。

というか(連投)現実的対処を行って次に同じことがあってもネガ感情を抱かないようにする!ってのはさ、何かしらの対策を講じるんだと思うが、仕事関係で

対策対策対策、、、とかやっててもさ、、、

 

 

 

つまんねーんだよ。

 

 

対策として行うことって別に興味があることじゃないし。

ネガ感情を次回感じないようにするためだけの手段だし。

(仕事関係だとほんっとに興味が湧かない手段しかなく、自分にムチを打ち対策を練っていることが多いこと!)

 

 

対処療法。

 

これですね。

 

本来自分としてきっとやりたいこと、なりたい状態や状況があるはずなんですよね。

意識的か無意識かは置いといて。

 

でも不快から逃れるために日々対処に追われるのみ。

 

前にきつかった現実に次に出会ったときに平気でいれるようになろう。

 

・・・この繰り返しの先に幸せはあるのかね。と。

 

ここまで生きて実感するが、

 

ないね。

 

もちろんその過程で得たもの、能力や技術など。そりゃそれらがあるのはいいが、

そんなのを天秤にかけてつまらない人生を選択をしない方がいい。

 

現実的にやらなければならないこともあるけど、

でもそれは最低限でいいと思う。最低限の対処をして終わり!って感じで。

 

で、最近自分が目を向けるのは、

 

 

自分が好きなこと、

興味を持てること、

それをやることで少なくとも現実の反応が変わること、

などです!

 

ベタ。なんか。

まあでも仕事とかで対処療法をやってる時って

思考回路が、

「いつか報われて成長した自分になれて理想的な現実になるはず~」

 

とかなんだよね・・・。

(もちろん言葉として脳内で再生されているわけじゃないけど)

無意識にこういう考えになっていると思う。

 

成長した自分は、今までだったら嫌な感情を湧き起こす問題に対して、

ネガ感情湧くことなく、問題解決できて、売り上げもあげちゃって、人間関係のストレスも今よりずっとなくて、、、

 

とか。

 

私もこれに当てはまると思うのだが、自分で書いててヤバいね(汗)

 

で、最近何やっているかというと、

 

ブログ

です。

 

これは人生でもかなり大きな試みでした。

まさか自分がブログを始めるなんてね~

別に現状稼いでいるとかじゃないんですけどね。

 

好きなことを文章書くのも面白いし、この記事みたいなことを考えて書くのも面白い。

で、ブログを始めると、次々に湧いてくる。

「どうやったらもっとアクセス増える?」

「どうやったら稼げるようになるだろう?」

「ほかのブログはどんなだ?」

「ブログのネタになることないかな~」

 

っていつも考えています。

 

上の方に書いた糞みたいな対処療法とは真逆のサイクル。

 

「もっと」ばっかり。

 

 

     「もっと」知りたい

     「もっと」よくしたい

     「もっと」結果出したい

 

これはね、好きな漫画とかを好きだから読みまくる、、、

という幸せとは全く別次元の幸せなんだよね。

 

知識欲を埋める楽しさもあれば、

新しいことへの期待やわくわくもあれば、

敷居が高いと思っていたブログということを自分がやっているんだ、という

驚きやちょっとした感動や、すごいな、と思う気持ちや、

未来への展開(お金稼ぐとか)への希望とか。。。

 

こんなのばっかりですわ。

何よりアクセス数とか現実的な結果として世界が動くというのもいい!

 

これが趣味の本を読みまくるとかだと、

ちょっとこれらは得られないんですよね。

 

ブログがいい!

という話ではなく、

やはり自分を変えるとなったときには、

 

好きなことをやるのはいいけど、

好きな漫画ばかり読みまくる、とかじゃなくて、

止まらない「もっと」がどれだけあるかだと思う。

 

私ももっと「もっと」が欲しくなるようなことを見つけたい。

 

ブログもどんどん良くして自分を変えれた出来事なども発信できればなと。

 

しばらくは本の紹介ばかりになりそうだが。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村