好奇心のはけ口

KindleUnlimitedのタイトルの中からおすすめを紹介するブログ

「会社がつまらない」はどうやったら解決する?

 

 

「つまらない会社」

 

・・・・・・・・

 

 

「会社がつまらない」

 

・・・・・・・・

 

 

意味は一緒か、違うのか・・・

 

 

 

とにかく私は、

 

 

今、、、

 

 

 

「会社がつまらない!!!」

 

 

 

 

なぜ会社がつまらない?

もう人間関係だね。これは。

何かこっちのこと攻撃的に見てんだろうなーって人がいる。

自分が特にその人のことを嫌いとかじゃなくて、

むしろ好き寄りだったりする。

 

でも思い当たることがない中でそういう態度を取られると辛い!

(結果としてはあれかな、これかな、はあるけど)

 

仕事の結果があまり出ないとか色々あるけど、

 

やはり一番は人間関係なんだよなー。

 

なぜつまらない会社にいるの?

何ででしょうね。。

この年でバックレますか。

お金も無くなるし。

家族どうやって養うのさ。

結局そこにいる理由は

 

「お金と世間体と自分の脳みその辻褄合わせ」のみだと思う。

※脳の辻褄合わせとは自分の中でよく使うことばで、まあ自分の常識外になると脳が叫んで元の枠内に収めようとする活動を指す。

この場合で言うと「会社」という組織に属さないのは脳の「当たり前」でいうとありえないので、理由をつけて会社にいるということ。

 

ここで踏ん張って逃げないようにしないとまた同じ目に合う!!

なんて自己啓発本に書いてありそうなことって別に幸せと紐づかないんだよな。

 

その仕事や会社、好き?

好き、、、、

じゃないのかなー

 

やはりここも人間関係なんだよね。

そこが良ければ、

「会社楽しい!」「仕事楽しい!」

となるけど。

そうじゃないと一気に

「仕事も会社もつまらない」「この仕事は別に俺好きじゃないや」

モードになる。

 

もちろん大人としての精神力でやっておりますが。

結局はやらなきゃいけないことをやる感じ。

嫌いじゃないけど、好きじゃない。

人間関係に非常に左右されてしまう程度のものなのだろうかと思ってしまう。

 

このコミュニティの中でどうあるべきかはわかるけど、「並」程度しかできない。

「こうあるべき」

は理解しているのに、

能力が達しない。

 

結局好きじゃないからなのかなー、

ということである。

そりゃ好きじゃないわな。

 

土日についついやっちゃいたくなるわけでもなし。

睡眠時間を削ってでもやりたいことでもなく。

 

好きじゃないことを、この集団の中での正解はこれである。

という自分の概念のみを達成すべきこととして鞭打っているだけだから。

 

もちろんそんな日々苦しんで働いているわけじゃないし、

楽しみながら働ける人間ではあるが、

でも正直本音なのかもしれない。

(しかし人間関係が改善された時は機嫌よく「この会社好きだわー」になるんだろうな)

 

さて、どうしよう。

 

この状態。

を、

起点にして、

あーだこーだ策を練っても、

 

今までと変わらない!!

 

結局どっかで一周回って同じようなことを繰り返すんだろう。

 

だったら何かを変えたい。

 

「逃げるのはよくない。」

「正面から向き合えば意外とこういうのは解決する。」

 

よくあるこんな言葉。

 

でも結局どちらともさ、その不快から離れようとするという点においては

 

同じ。

 

言い方によってはどちらも不快から逃げている。

 

よくこういう時に対処方法によっては「逃げるのか!」

などと言う輩がいるが、

正面から向き合って解決しようとしても、結局不快からの脱出という点では同じだし、

逃げ方によっては「逃げる」の方が建設的の時もある。

 

正面から向き合うことの解決力は過去の経験より確かに効果的ではある。

周りの人間が明らかな逃げを選択していたら、

「ここで逃げたらまた同じことがやってくるぞ」

と言うだろう。

 

なんとつまらない言葉だろうか、と。

 

今になっては非常にそう思う。

 

そうじゃない、

 

「いかにユニークな逃げ方をするか」

 

だと今日私は思った次第である。

 

 

ユニークな逃げ方とは?

最近で言うと、

登校拒否の子供がYOUTUBERになったとか。

これが比較的「ユニークな逃げ方」を表していると思う。

 

振り返ったときに、

「あの嫌な出来事がなければ、絶対これを選択していなかったよなー」

みたいな。

 

もちろんYOUTUBERが正解というわけでもないし、

嫌な出来事を絶対に何かに転換しなきゃいけないわけでもない。

(そう制約つけるともっとつらくなるし)

 

でもある程度「向き合って解決」を選んできた人って比較的自分に厳しめというか、

自立的でもあると思う。

 

だからこれからは決して選んでこなかった、

「逃げ方」に頭を悩ましてみたらどうかなー。

 

今の私の状況でユニークな逃げ方は?に答えは出ていない。

でもこのブログをやっていることも実はそうだったりするし。

 

今まで本の紹介ばかりの記事からこんな記事を書き始めたのもそれが理由の一つだったりする。

 

とびきりユニークなものを・・・

ってなると正直ハードル高いし、

「自分はそんなに面白い人間じゃないから・・・」

となると思う。

 

そうじゃなくて、

今まで自分がやってこなかった選択肢

やってみようと思っていたけどハードルがあると思って躊躇していたこと、

とかの中から少しずつ視野を広げていければ十分じゃないかなと。

 

この不快な感情から逃げるため

 

でいいと思う。

 

それが短期的な特効薬でもいいから、

いかに自分がしてこなかった逃げ方をたくさんやってみるかが大事だと思っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村