好奇心のはけ口

KindleUnlimitedのタイトルの中からおすすめを紹介するブログ

セントジョーンズワートの飲み合わせや効果について

セントジョーンズワートのサプリの飲み合わせの画像

こんにちは。さとるです。

今回は僕が普段飲んでいるサプリからおすすめの「セントジョーンズワート」について。

セントジョーンズワートってどんな効果があるの?他の薬との飲み合わせは?

といった内容になっています。

 

セントジョーンズワートを知ったけどまだ試したことのない人、

ストレスを抱えていたり鬱っぽいのを何とか改善したい人に向けています。

もちろん僕は専門家じゃないので主には個人の実体験からの感想がメインです。

 

セントジョーンズワートの飲み合わせや効果について

f:id:j-satoru:20200417204411j:plain

ここで話すのはサプリです。(他にはハーブティーにもあるらしい)

僕が飲んでいるセントジョーンズワートはこちらのサプリ。

 

DHC セントジョーンズワート 30日分

DHC セントジョーンズワート 30日分

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 コストパフォーマンスがとてもよく、僕はDHCのセントジョーンズワートを常用しています。

本記事ではあくまで僕の経験なので、このDHCのセントジョーンズワートを飲んだ効果と飲み合わせで気を付ける点を話していきます。

(他のメーカーのは試したことがないので)

 

セントジョーンズワートの効果はどうだった?

ちなみに僕がセントジョーンズワートを購入するきっかけは

ある日、DHCの店頭でこれを見つけて

「明るく過ごしたい人」

「ブルーな人」

というのを見て試したくなったんですよ。

 

結果・・・・・・

 

効果をめっちゃ感じた…!!

 

そう、サプリで効果を体感できるってあまりなくないですか?

ビタミンとかミネラルも飲んだりするんですけど、実際にそれを感じることってないじゃないですか。

 

「うぉービタミン効いてるわー!」

とかないですよね?

 

でもセントジョーンズワートは効いたのを意識できた・・・。

 

意識できたんですよ・・・!

 

だから始めて買ってからもう2年くら続けて購入しています。

 

つまりセントジョーンズワートというのは、

僕の体感を表現すると、

・体が軽くなる

・仕事中も割と後ろ向きになることが減った

ですかね。

なんというか「物事に動じなくなる」感覚。

「無敵感」「万能感」といった表現が当てはまるかと思います。

(あえて表現すればこのような単語なわけで、本当に嫌なことを一切感じなくなるとかまではいきませんよ)

 

仕事であまり電話したくないお客さんに連絡するときに普段は頭の中であーだこーだ考えるのにセントジョーンズワートを飲んだ日は割と(嫌は嫌だけど)サクッと電話しちゃおっみたいな。

そんな感じになれました。

 

とにかく今飲んでいるサプリの中では個人的に一押しサプリメント。です。

 

セントジョーンズワートの飲み合わせで注意したいことは?

それではここからはせっかく効果の見込めるセントジョーンズワートを正しく常用するために気を付けたいこと。即ち「飲み合わせ」について個人的に気を付けている点を説明しますね。

 

セントジョーンズワートの飲み合わせの注意点

 

僕はサプリを飲むときに一応ネットで飲み合わせについて調べます。

セントジョーンズワートに関しては、他の薬と一緒に飲むのは避けています。

調べてみると、セントジョーンズワートは薬と一緒に飲むと

「その薬の効果を薄めてしまう」

らしいからです。

※全ての薬と相性が悪いわけではないみたいですが、一応どの薬とも一緒には飲みません。

ちなみに薬剤師の方が書いた記事に詳しくセントジョーンズワートと飲み合わせの悪い薬の記載されていました。

 

1) 血液凝固剤 例:ワーファリン(ワルファリンカリウム)

2) 抗HIV薬 例:クリキシバン(インジナビル)

3) 気管支拡張剤 例:テオドール(テオフィリン)、ネオフィリン(アミノフィリン)

4) 抗てんかん薬 例:テグレトール(カルバマゼピン)、フェノバール(フェノバルビタール)

5) 強心薬 例:ジゴキシン(ジゴキシン)

6) 免疫抑制剤 例:ネオーラル(シクロスポリン)、プログラフ(タクロリムス水和物)

7) 抗不整脈薬 例:リスモダン(ジソピラミド)、アンカロン(アミオダロン)

8) 経口避妊薬(ピル)

 

また、その他に一部の抗うつ薬では、併用することによってお薬の作用が増強され、副作用症状が強く出る可能性があります。

例:パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)、レメロン(ミルタザピン)等

 

上記に該当するようなお薬が処方された場合は、セントジョーンズワートを含む健康食品やサプリメント、ハーブティーなどの摂取は、必ず控えるようにしましょう。

 

飲み合わせによってお薬の効果が下がってしまうと、体に重大な影響を与えてしまうようなお薬もあります。

引用:EPARKくすりの窓口

 

とはいえ常用的に服用している薬はないので、普段はあまり気にしていないですかね。

食前食後もあまり気にしていませんよ。

 

まとめ:セントジョーンズワートの飲み合わせや効果はどうだったのか?

 

飲み合わせについては、

「病院で処方された薬と一緒には飲まない!」

ですね。

 

効果は上にも書いた通り、自分の意識で確かに実感できず数少ないサプリです。

もちろん実感できないからといって効果が無いのかというとそうじゃないんですけどね。

「元気になりたい」「落ち込む気分を無くしたい」という症状に対してサプリに望む効果はやはり

「気分が元気になる」

「落ち込む気分が減る」

なので、それは自分で感じたいですよね。

 

1か月分でも1000円以下なのでおススメですよ!